家電を高く売却する、そのポイント

家電を高く売却する、そのポイント

家電製品はリサイクルショップにおいて、家具などと並び、高い人気を誇るカテゴリーです。家電製品は「まだ新しい」と思っていても、メーカーは一定期間が経過するごとに新しいモデルを投入するため、古いモデルはそのたびに電気屋さんでの販売価格も下がっていきます。これはリサイクルショップでの評価価格も少しずつ下がっていくことを意味します。売却することを考えれば、製造から3年程度で買い換え、もしくは売却するのが賢い選択と言えます。
 

できれば製造から5年以内

家電売却のタイミングは、できれば製造から3年から5年程度が良いでしょう。これは一般的な家電の寿命が関係しています。多くの家電は7年から8年で寿命を迎えるとされています。これは寿命ギリギリまで使用してしまうと、売却が難しいことを意味します。部品を手に入れることも難しくなる可能性があります。
 
まだまだ寿命まで時間があるからこそ、リサイクルショップはお金を払って引き取ってくれるのです。多くのリサイクルショップで、製造から10年以内の製品であれば買い取り可能としていますが、査定額のことを考えると、まだまだ使える段階で売るのがベストです。
 
高値買い取りが期待できる家電製品
できれば製造から5年以内が売却時期としては良いという話をしました。では、どんな家電が人気なのでしょうか?家電に限ったことではありませんが、中古市場で需要の多い製品であることが、高額査定の条件になります。
 
  • 白物家電
冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は、中古市場でも引き合いが多く、高値買い取りが期待できる家電です。新しければ新しいほど、高値で買い取ってもらえるでしょう。
 
白物家電でも、特に需要が多いのが、コンパクトサイズの単身者向け製品です。冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器などの家電には、単身者向けに小さめの製品を各社がラインアップしています。新生活の時期には特に人気になるので、売却時期もその辺りにすると高額査定してもらえるかもしれませんね。
 
  • 美容家電
 
必ずしも必要は無いが、余裕があったらぜひ欲しい
 
このようなアイテムは、中古市場で需要の多いもの。そう、その代表格が美容家電です。
 
フェイシャルケア、スキンケア関連商品をはじめ、脱毛器など、美容関連製品は中古市場で人気のため、リサイクルショップでの査定価格も比較的良い傾向にあります。マッサージチェアなどはかなり高額で、数十万円から、中には100万円というモデルもあるそうですので、中古が人気のわけも分かりますね。
 
  • デジタル家電
デジタル家電はコンピューター社会の現在、中古市場もひじょうに活発です。コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼、携帯音楽プレイヤーなどはどこのリサイクルショップにも並んでいるので、人気の高さがうかがえます。また、ブルーレイディスクプレイヤーやDVDプレイヤー、電子辞書も引き合いの多い製品と言えるでしょう。
 
  • コンピューター関連
デジタル家電と重なる部分も多くありますが、コンピューターとその関連製品も、リサイクルショップでは多くの引き合いがあります。パソコン本体はデスクトップ、ノートともに人気です。Windowsはもちろんですが、Apple製品は中古市場で高い人気を誇りますので、高額査定が期待できます。コンピューター関連製品の場合は、古くなってしまうと処分する他ないという場合もありますが、Windows XP以上なら、とりあえず査定してもらう価値はあります。
 
  • スマートフォンと携帯電話
iPhoneとアンドロイドスマホ。スマートフォンはリサイクルショップでも、喉から手が出るほど欲しいアイテムです。特にiPhoneはどのリサイクルショップでも買い取りを強化していて、壊れた端末でも買い取ってくれるほどです。
 
またタブレットも高額査定が期待できます。特にiPadは人気!買い換え等を考えているのであれば、一度、リサイクルショップに持ち込んでみてはいかがでしょうか?
 
  • 根強いコレクターが存在する家電など
現在は既に生産が中止されている製品には根強いコレクターが存在している場合があります。たとえば、以前はどの家庭にもあったVHSのビデオデッキ。30年前に録画した貴重な映像を再生したいという人は少なくありません。
 
また、レーザーディスクプレイヤーを探している人もいるはずです。このような既に生産が行われていない製品は、実際に動作するのであれば、買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。ただし、安心して手放すためには、価値の分かる業者に査定してもらう必要があります。
 
まとめて査定がお得、やはりリサイクルショップ
デジタル家電やノートパソコン、スマホなどの小さめの製品であれば、リサイクルショップに自分で持ち込むこともかんたんですが、さすがに白物家電となるとたいへんです。そのような場合は、やはりリサイクルショップの出張査定サービスを利用しましょう。出張査定を利用する場合は、できるだけ多くのアイテムをまとめて査定してもらった方が、より高い査定額になる傾向があるようです。
 
多くのリサイクルショップは、家電だけではなく、家具やブランド品、洋服、スポーツ用品まで幅広く買い取りを行っています。出張査定を依頼する場合は、せっかくの機会なので断捨離もかねて、多くのアイテムを査定してもらうと良いでしょう。
 
  • 査定をしてもらう前に
家電製品を実際に査定してもらう前に、できることをしっかりやっておきましょう。
 
  • 付属品の準備
購入時に同梱されていた説明書、保証書などの付属品の有無を確認しておきましょう。もちろん箱もあれば用意しておきましょう。説明書や保証書は、どこにしまったのか忘れがちなので、他の製品の物とまとめて保管する癖をつけると今後も安心です。付属品がしっかりそろっていると査定価格がアップする場合もあります。
 
  • きれいにする
これは売却を考える前にも、そしてその後にも当てはまります。中古品はやはりきれいであればきれいであるほど、買い取り価格もアップします。また、中古品を買う立場になってみれば、疲労感たっぷりの製品よりもきれいな製品を選ぶというものでしょう。そのため、普段からキズや汚れがつかないように気をつけて使う、また定期的に拭き掃除をするなどのかんたんな手入れをしてあげることが大切です。
 
また、買い取り査定の前には、やはりきれいにホコリや汚れを掃除しておきましょう。製品の第一印象は、鑑定を担当する人の心理に大きく影響します。
 
  • 迷わず売る
実はこの気持ちがもっとも大切かもしれません。
 
「迷わず売る」
 
家電製品は新しければ新しいほど、高く売れるチャンスが大きくなります。気に入って購入したものの、思ったより使う機会がないということは誰にでもあることです。こういう場合はすぐに売る。迷わず売ることが大切です。物をため込まないことにもつながりますし、何より「お得」です。
 
家電製品は、3年から5年程度で売却すると、買い取り価格も高く、使い続けるよりも結果的にお得です。あなたが大切に使ったアイテムを喜んで使ってくれる人はたくさんいます。大切に使って高く売る。使わなくなったら迷わず売る。不要な物が家にあふれると、スペースだけではなく、心をも圧迫する原因になります。
 
新しい時代の断捨離は、高く売って得をする。リサイクルショップを上手に利用することは、エコな生活にも直結します。頭を使った最先端の断捨離に、あなたも挑戦してみませんか?


【名古屋】リサイクルショップ

【名古屋】家電買取

【名古屋】家具買取

【名古屋】工具買取